▶子どもたちの生きる未来

正解のない時代。
「自分の生き方」をつくり、新しい価値を生み出す人材が活躍する社会が到来する。

【出典】第1回 人生100年時代構想会議 平成29年9月11日(月)
ロンドンビジネススクール マネジメント実践 教授 リンダ・グラットン議員提出資料

私たちが目指す未来感

▶アントレプレナーシップ教育を推進

子どもたちの「将来の選択肢」を拡げるために、3年をかけて「正解のない学び」により「アントレプレナーシップ教育(起業家教育)」に取り組みます。

・1年生「つくる力」〜プロジェクト型学習

・2年生「深める力」〜探究型学習

・3年生以上「社会につながる力」〜起業家になろう!

自分の生き方を自らつくり出す人材を育む。

私たちは10歳からの起業家教育に関して、全国の小学校から高校まで20以上の学校に「起業家教育支援の実績」があります。

洋服屋プロジェクト
工務店プロジェクト
起業家になろう!〜起業動機の可視化
起業家になろう!〜起業動機の可視化

▶自己理解を深める取り組み

スタッフ一人ひとりが、子どもたちに寄り添い「今日のできごとについて自己理解を深めること(Today’s Feeling)を大切にし毎日取り組んでいます。

EQを育むことは子どもたちが社会人として活躍するための土壌となるからです。

▶強みを発見する取り組み

子どもたちの「強み」「8つの知性」としてとらえていきます。

この観察データは年に2回「強み発見シート」として、保護者の皆さんに共有しています。

▶コンピュータサイエンス

プログラミング教育は10年 1000人の実績。実践力にこだわったカリキュラムが特徴です。


▶保護者からの声(2022年)

・学校や公立学童では叶わない活動

学校や公立学童では叶わない活動ができることはとても意義があると考えています。遊びも自由遊びだけでなく、目的をもって設定してくださっていると感じます。
(勝どき月島校舎 保護者)

・自分で考えて調べる能動的な学び。

自ら考えて調べるという能動的な学びができるだけでなく、皆でディスカッションをするというのがまさにリベラルアーツの基礎となるアプローチだと思いました。
(勝どき月島校舎 保護者)

・子供の考えを受け止め、自己肯定感を育てる

子どもの考えを徹底的に受け止める方針には感心していて通わせる意義を感じていた。
(明石日本橋校 保護者)

・心の成長をサポート。

様々な活動があり、仲間と協力したり話し合いを通して心の成長をサポートしていただいていると感じています。(勝どき月島校舎 保護者)

・リベラルアーツの基礎を学べる。

自ら考えて調べるという能動的な学びができるだけでなく、皆でディスカッションをするというのがまさにリベラルアーツの基礎となるアプローチだと思いました。
(勝どき月島校舎 保護者)

・自分がやるべきこと自分で考える。

自分がやるべきこと(宿題等)を言われなくてもやるようになった。
(豊洲校舎 保護者)

・親子共々、サポートして頂いた。

1年生の時に親子共々、右も左も分からない状態からサポートしていただいたことに感謝しています。
(卒業生 保護者)



なぜ「生きる力」が育めるのか?