•テーマ:世界全体の「所得」の配分がどのくらい不公平か体験しよう!

今月の「World Study」は「世界全体の所得」について考えます。

〜所得を比較してみよう!〜

グループ分けを行い、所得が多いグループは全体の5分の1、中間層グループは全体の5分の3、所得が少ないグループは全体の5分の1の人数です。World Study

2Lの水を世界中の所得の合計とすると

・「所得が多いグループ」の所得は1.48L

・「中間層グループ」の所得は480mL

・「所得が少ないグループ」の所得は40mLです。

DSCN6205

上の写真で見ると違いがよく分かります。この水をグループ内で分けていきます。

World World

それぞれのグループの感想です。

・「所得が多いグループ」の感想:「こんなにあるの。多すぎだよ」

・「中間層グループ」の感想:「思ったよりも少ないし、みんなで分けるともっと少なくなるから、お金持ちグループから分けてもらいたい。」

・「所得が少ないグループ」の感想:「ほとんどない。ひどいよ。」

子どもたちは目で所得の違いを感じ、驚いていました。

〜不公平なトランプゲーム!〜

次に「カードを多く手に入れた人が勝ち」となるトランプゲーム「ドーナツ」をやります。

カードの枚数を所得と見立ててゲーム開始。

World World

普通にゲームをすれば公平ですが、今回はわざと不公平にしています。

不公平さを感じさせるため

・「所得が多いグループ」は持ち札に「プラス15枚加算」

・「中間層グループ」は持ち札に「プラス6枚加算」

・「所得が低いグループ」は「プラス0枚」になります。

所得の差があるといかにゲームに勝つのが大変かを感じています。

今回のテーマは子どもたちにとっては難しい内容でしたが、体験しながら学ぶことができました。