昨日は参議院選挙でしたね。

投票率の低下は課題を残すことになりました。子供の時から「自分で考え、自分の意思を示す経験」をすることで、選挙でも「自分の意思」を投票という形で示すため投票率の問題は解決していけると感じております。(15年後かもしれませんが)

キンダリーではこの選挙の機会を活用し、模擬選挙を行うことにしました。

長期休みのMiEPは二部構成。

第一部(前半戦)は参議院と衆議院のお話。さすがに全てを理解してもらうのは難しかったんですが、

参議院と衆議院で国会が成り立っていて、

なぜ二院制を取り入れているのかはなんとなーくわかってもらえたと思います。

 

午後のMiEPで実際に投票するために、投票に必要な物をみんなに作ってもらいました。

「投票箱」と、「投票用紙」を書く場所。

「投票箱」はすんなりできたんですが、「投票用紙」を書く場所の「仕切り」について悩むみんな。

このくらいの高さが必要だからー。。。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どうしたらいいかな〜と考えて、「は!」と気付きました。

本をたくさんもってきて、見えなくなるところまで積み重ねて、キンダリーオリジナルの投票会場の完成です。

 

  OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

後半(午後)のMiEPからいざ投票ですが、このままでは肝心の「自分が投票する政党•人物」が分かりませ

ん。まずは政党がどのような種類があり、どんな考え方をしているかを穴埋め式のクイズで見てみ

ます。今回取り上げたのは民主党、自民党、日本未来党、公明党、日本共産党、みんなの党、社民

党、日本維新の会、国民新党、新党大地、新党日本、新党改革、幸福実現党の13の政党です。

DSCF1877

みんなクイズだったからなのか、意外とすらすら答えていきます。ちょっと分かりにくい部分も

あったようですが、なとなくどの政党(政党については、子どもたちにはわかりやすく「同じ考え

のチーム」と説明しました。)も少し考えが違うのがわかったようです。

各党の考えも少しわかったところで、みんなが楽しみにしていた投票開始です。

DSCF1878 

どこに入れるかかなり真剣に悩んでる様子•••。

DSCF1874

みんなが感想を書いている間に集計!投票参加者は6人。結果は•••••。

DSCF1880 DSCF1879

みんなの党2票、民主党1票、社民党1票、自民党1票、国民新党1票と票がばらけました。

理由を聞くと、「街中で選挙カーを見たから」や「見た事のある名前だったから」と子どもたち

なりの意見が出ました!選挙が身近な事だと気づいてくれたかな?

みんなが選挙に行ける年齢になったら、忘れたり面倒くさらずに「一票」入れて欲しいな〜!