グローバル化社会を見据えたラーニングコミュニティー 東京都中央区勝どき・明石・日本橋・江東区豊洲

キャラクター移動(繰り返し活用)

「繰り返し」の活用

同じ動作/作業を繰り返すときに「繰り返し」の処理をすることでプログラムが効率的に記述できます。

例えば「ねこ」を「50ほ」動かす場合。

「10ほうごく」を5つ並べる。これでも目的のねこを動かす事は可能です。

ただ、100歩、200歩動かす場合など、プログラムが複雑になります。そこで、「○○くりかえす」を使うことで下記の右のようなシンプルな構造の置き換える事が可能となります。Scratch

同様に「メーリングリスト」など、同じ内容を多くの人にメール配信する場合もこの「繰り返し処理」が活用されます。

動画で確認する

WEBフォームよりお問い合わせください。

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お問い合わせ

▶特別イベント〜情熱に出会う

自分の『好き』に出会う体験を全ての子供たちに!

▶教育の情報化が目指すもの

  • facebook
  • twitter

▶採用情報

現在、正規職員と日本人英語講師を募集中。

◆詳細はこちら

Copyright © キンダリーインターナショナル All Rights Reserved.