明石日本橋校は4月から開校した新しいスクールです。それぞれの子ども達が日々の活動の中で関係性を築いています。

そこで、今回のPeaceful Schoolのテーマは「けんかとコンフリクト(対立)」です。

2つ状況観察

みんなには最初に指人形劇で2つの状況を観察してもらいます。

①押したり、引っ張ったりする状況 ②お互いが同意していない状況

そして、「どっちらが、けんかで、どっちが対立(意見が違う)だと思う?」と意見を聞いていきます。

IMG_0133

Peaceful School スクリーンショット 2015-04-26 8.24.44

違いを書き出してみる

子ども達からすると、この差が微妙に分かりずらいよう。。。そこで、自分がけんかしてると思う状況の様子をプリントを使い、考えてみることに、、、

スクリーンショット 2015-04-26 8.27.33

けんかで「むかむか」、コンフリクトは「困った」など感情で考えてくれた子もいれば、けんかは「暴力をする」「ひどいことを言う」など行動で分かれると感じる子もいました!

子ども達にはその違いが少しづつ理解してもらえたようです。

次に、3色のシールを使い、それぞれキンダーがお願いするお芝居を2人づつペアで行ってもらいます。

シールの時・・・1つのぬいぐるみを取り合う、けんか

シールの時・・・初めにぬいぐるみを持ってた人が、「分かった。君にあげるよ!」と最後に言う。

黄色シールの時・・・ぬいぐるみを借りたいと思っている子が「どうしたらいいかな?」と相手に質問する。

Peaceful School Peaceful School

最後に自分たちで演じてどう感じたか

「実際こうなった時はどれが一番けんかにならなかった?」と質問してみると「青シールの時!」という子ども達がほとんどになりました。

が、「本当はあげたくないけど、あげるよ~って言ってくれた子がいたよね?」と聞くと、みんな「黄色のシールの時だ!!!」と返してくれました。

黄色のシールの時は、「どうしたらいいかな?」と質問すると、相手も一緒にその問題を考えてくれていました!

「10分経ったら交代で使おう!」と提案してくれた子もいました。

けんかにならない方法には1番ぴったりです。

これから、本当にけんかになりそうになった時はみんなの手には黄色いシールが貼ってあることを思い出してね☆