6月より教育用LEGOを活用した「ブロック&ロボサイエンス教室」がスタートしました。

教育用LEGOブロックを活用しながら身近な構造物を学ぶ事に始まり、小学校高学年では光などセンサー等を装備した「ロボティクス」にまで発展していきます。

このロボティクスは世界大会も開催されており、世界の子ども達が日々、切磋琢磨しています。

本日は、年中・年長さんを対象とした「ハローダクタ」と小学生1、2年生を対象とした「ダクタキッズ」の体験クラスが開催されました。

カリキュラムは「ものづくりで問題解決力やコミュニケーション力」を伸ばしていく事を目的として設計されています。

遊びながら自然にサイエンスの基礎的な事を学んで行ける優れたプログラムです。

今日はテーマに合わせてLEGOブロックで「身近な物の構造(トンネル)」「バランス(一本足で立つ動物)、シーソー」などを学び、クラスの最後は今日の作品を振り返りながら自分たちで作った作品をみんなの前でプレゼンテーション!

今日も、独創的な作品が作品ができあがっていました。