本日はグローバル製薬企業 Boehringer Ingelheim(ベーリンガーインゲルハイム)でCSR活動に参画されている講師の皆様をお迎えして「おくすりワークショップ」を開催。

ワークショップ ワークショップ

人間は病気を治す力をもっています。でも普段の生活の中で「おくすり」のお世話になる機会がありますね。今日は、その「おくすり」について実験を交えながら学びます!

「おくすり」についての「しても良い事!」「悪い事!?」を③つクイズや実験形式で体験です。

ワークショップ

考えてもらった後は、じっかり実験♪

お薬をお水に溶かした時と、グレープフルーツジュースで溶かしたときの違いを確認してもらいました♪

ワークショップ ワークショップ

結果…

DSCN0070

お水の時はなんともなかったのに、、、、、、グレープフルーツジュースは、なんと泡立ちはじめて全員大興奮!!

DSCN0077

お水以外の他の成分が入っていると、お腹の中で大変な事になってしまったり、効き目がなくなってしまう事を学んでいただきました。 続いて…

ワークショップ ワークショップ

クスリを飲むのに、水の量はどれだけ必要か? おちょこ1杯? コップ1杯? ペットボトル1杯?

こちらも実験で確認してもらいました。

ワークショップ

「軽く水をつけた指」と、「いっぱい付けた水」にどう違いがおこるかを確かめてもらいました。

ワークショップ

『べたべた付く!!!』 『マジック〜!!』 大興奮♪♪ いっぱいのお水だとつかないね〜と確認してもらいました。

ワークショップ

 

ワークショップ

ワークショップ

みんな楽しく「おくすり」について学べましたね!