次の世代の子供達が『自分が創り出したい世界』『自然と才能を発揮できる天職』に出合ったとき、「プログラミング的思考」や「プログラミングスキル」は、その世界を実現するための『強力な道具』となるでしょう。

日本の公的教育では『2020年の学習指導要領』の改訂により「プログラミング教育が必修化」されます。『プログラミング教育』とは「プログラミング(コーディング)」のスキルを磨くことではありません。将来様々な職業に就くとしても普遍的にもとめられる『プログラミング的思考』を磨くことです。これは『自分が意図したことを実現するため』に「一連の動きを論理的に考える事」、そして「コンピュータ」に意図通りに処理をさせる能力の基礎となります。

今年のテーマは「Computer Science to Life」。私達が生きる社会とプログラミングを有機的に結びつけて探究プログラミングの世界へ飛び込みましょう。

<出所>小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について(議論の取りまとめ)

▶テーマ

今回の丸の内キッズアカデミーはSDGs(持続可能な開発目標)に触れます。持続可能な社会のため、たった今、地球規模で起きている解決すべき問題について意識をむけます。そして、子ども達が15年後に主体者としてこの問題を扱うことになるでしょう。

いま、子ども達が観ている風景は「自分、家庭、学校、放課後」と限られる場合が多く、この夏のワークショップで子ども達の視野を地球規模で起きていることに視野を広げて行くことを意図します。

 

▶開催概要

【募集期間】5月26日(金)〜6月30日(金)まで
【各週定員】30人(予定)
【対象】小学生 1年生〜3年生まで * 4年生以上はご相談ください。
【実施期間】7月31日(月)~8月4日(金)<5日間>
【参加費】63,500円(税別) *PCレンタル料、ロボット教材レンタル料、ランチ、おやつ代を含む
【持ち物】
・iPad/iPad mini をご持参ください(事前に「Keynote for iPad」をインストールしてご持参ください)
・水筒 ・カトラリー(ランチ用)

【ランチ】無添加調理のお弁当をご準備いたします。
アレルギーがある場合は、「ランチとおやつ」をご持参頂く必要があります。その場合は参加費から3,000円を割引きを実施いたします。

▶スケジュール

プログラミングの基本(繰り返しや条件分岐等)知り、実際に車やロボットをプログラミングで制御し、自分のアイデアを形にしてできるさ楽しさを体験。これらの知識を活用しながら『特定の問題(安全な交差点を創る等)』を解決することをチームで取組む。最後に1日のまとめとして、その学びや気づきをiPadを活用したプレゼンテーションとしてまとめ、個人で発表まで実施します。

【開場】8:30受付開始 【終了】18:00(保護者迎え)

*初日の9:30〜チームビルディングの為のワークショップを開催します。

▶ファシリテーターチーム

【オーガナイザー】一般社団法人子供教育創造機構 森博樹’

大学卒業後、NTT入社。キャリアグレードの研究開発から海外企業を含めた事業開発まで「情報通信事業領域」において10年以上の経験を有す。若手の育成にも関わり『自ら考え、行動する人材』の必要性を体感。長女が生まれた事を契機に未来の子供達のために21世紀型アフタースクール「キンダリーインターナショナル」を設立。

子供達の「好きと才能が出会う場所」の創造に取り組む。工学修士/グロービス経営大学院 MBA

 

【ファシリテーター】青山学院大学ワークショップデザイナーコース修了メンバーとのコラボレーション

▶秦健児(はた けんじ)

研修を実施する際には、情報を伝えるだけでなく、学びを確りと身につけられるように支援する事を大事にしています。 受講者本人の気づきを促進を支援する為に場で起こっている事を観察し、的確にフィードバックできる点が自身の強みと考えており、特に関係性の変化、場の雰囲 気の変化のフィードバックに定評があり、やわらかい雰囲気の中で、受講者が自然体で学びを得られるファシリテートを心がけています。

 

▶渡辺萌絵(わたなべ もえ)

2015年より企業内人事の経験から、 「より多くの若者の主体的なキャリア選択のサポートを行っていきたい」 という想いのもと、フリーランスのキャリアカウンセラー・講師として独立。
現在は、大学生や専門学校生、転職者に対してのキャリアカウンセリングや講義、企業向けの研修講師等を行う。

 

 

 

鈴木 史恵(すずき ふみえ)

金融系のシステムエンジニアとして働いている時にプログラミングのおもしろさに目覚め、人も言語でプログラミングされているのでは?と「ことば」に注目するようになりました。
やはり国語教育は大事!と思い、現在は私立の高校で現代文の教師をしながら、企業研修やワークショップの二足のわらじを履いています。
言語技術教育を自ら学ぶことも、人に教えることも大好きで、小学生から社会人まで幅広い年代に対して「読む・聞く・話す・書く」の教育に携わっています。

 

▶富山幸代(とやま ゆきよ)

ラジオパーソナリティ、歌謡曲研究家、研修講師、キャリアカウンセラー、ワークショップデザイナー、グラフィックレコーダー、インプロヴァイザー
コミュニティFMでラジオパーソナリティ、レポーター、歌謡曲研究家として音楽紹介活動する傍ら、
キャリアカウンセラーとして、研修講師、就職・採用支援、大学・高校でキャリア教育の授業を担当、
ワークショップデザイナーではコミュニケーション系ワークショップや、講座や会議の見える化をするグラフィックレコーディングを担当。また、インプロヴァイザーとして創作表現活動も行う。

 

▶大浦生美(おおうら いくみ)

ワークショップデザイナー/ワークショップコーディネーター/しつもん読書会ファシリテーター
東京都大田区出身。
飲食店の接客業、商社で洋食器の商品管理職でのチームワークを活かした業務経験から、人と人がつながる場創りができるワークショップに興味を持ち2014年通信制の芸術大学に編入しワークショップについて学びはじめました。2016年には実践に向けた理論を身につけるために青山学院大学ワークショップデザイナー育成プログラムを受講。
修了後、社会人大学生対象の学びを継続するためのワークショップや本を通して自身への気づきを促す「しつもん読書会」の開催。また千葉県柏市にて小学生・未就学児対象のワークショップの実施・コーディネートに携わっています。

 

【メインサポーター】

ひなた なほこ<社団法人ココロエデュケーションラボ理事>

シンガーソングライター、演出家、演技講師、パーソナリティー、ワークショップ講師
女優からシンガーソングライターに転向。子供がとても好きで、柏市児童館センターライブツアーを実施。千葉国体PRイベント「チーバくんと遊び隊」では、歌のお姉さんとして柏市の保育園、幼稚園を30園近く回る。胎教音楽として、雑誌へCDが紹介される。テアトルアカデミー、ワタナベエンターテインメントでの演技講師、ナレーション、パーソナリティーとしても活動。

 

 ▶森谷哲(もりや てつ)<一般社団法人ココロエデュケーションラボ代表>

株式会社エスドライヴ代表取締役。PCN東京代表。本業はスマートフォンゲームのプロデューサー。2017年よりプログラミングだけなく歌や芝居など表現教育も行う社団法人を創立。趣味はアナログゲーム。

 

 

▶小山真由子(こやま まゆこ)

臨床美術士として、千代田区社会福祉協議会やトラストガーデン南平台など、高齢者や認知症の方を対象にクリニカルアートをしています。キンダリーインターナショナルでは、ペーパークラフト、ものづくりを担当しています。また年に2回だじゃれ教室を武蔵小杉でしています。お年寄りやこどもたちが「ことばやアートで表現する」ことの楽しさを伝える活動をしています。

<会場>

東京都千代田区大手町1-1-2  3×3 Lab Future 大手門タワー 1階

【キャンセルポリシー】

・2017年度6月15日(木)まではキャンセルは「無料」

・2017年6月16日(金)からは「料金の全額(100%)のキャンセル料金」が発生します。

▶お申込はこちらから