私たちキンダリーは毎年たくさんのお子さんをお預かりしていて「愛するお父さんお母さんだからこそ「本来の声」「本来の気持ち」を出せないお子さんがいる」ことを知っています。今回の声育ワークショップは、キンダリーのプログラムとは違う形で、自分に向き合い、自分を受容し、自分の輝きに気づいて表現する、そんなワークショップになると思い、キンダリーでの開催をお願いしました。

ブレイヴォーバラの想い

10年後の大人たちへ今、僕たちが出来ることをやりたいという想いで、変声期前の子供たちに毎月レッスンを行っています。

・引っ込み思案なところがある、すぐに緊張する、声が小さくて何を言っているかわからない、すぐに甲高い声を出す、声について心配なことがあるかもしれません。声のワークショップ

しかし、ブレイヴォーバラでは、声を変えるというよりは、一人の人間として向き合い、その個別の響きを取り出していきます。

本来、子供の声の響は眩しいのです。

子供は音が大好き、音で笑う、音で泣く、音で覚える、声は気持ちを引っ張りだしてくれます。

わくわくどきどきしながらカラダを動かし、カラダから声(音)を出す体験により、生き生きとした感情を素直に出せるようになります。

声が出せるようになると気持ちも落ち着き、優しい気持ちが生まれます。

そして、どんなことにもチャレンジしていけるようになるのです。

【開催日】1/20(金)2/10(金)3/10(金)
【日  時】時間:18時~19時(60分)
【場  所】キンダリーインターナショナル 勝どき月島校舎
【料  金】3回セットで15000円(税別)
【参加条件】「年長・年中(保護者から離れられること)」または「小学生1年以上」
*保護者見学はできないのでご注意ください。

プログラム提供

Breavo-para  楠瀬誠志郎 http://www.breavo-para.com/

講師

Breavo-para(ブレイヴォーパラ)インストラクター 澤田龍彦(さわだ・たつひこ)

身体を響かせて音を出すボイストレーニングを指導している。発声法を新しいスキルとして捉えるのではなく、現状の声を大切にしながら、本人の魅力を自然に引き出すトレーニングには定評がある。 立命館大学理工学部卒業。20代で独立、会社経営に携わる。

数々の経営者と関わるなかで、経営者の熱意が理屈なしに伝わるのはなぜかに関心を持ち、いい声とはどのようなものか、その答えを求めて楠瀬誠志郎に師事。

現在は、スタジオでの指導の他、企業の管理職に向けたスピーチ研修や病院の医師・看護師に向けた発声研修のプログラム設計およびBreavo-paraの経営マネジメント全般を手がけている。その他、昭和女子大学キャリアカレッジ講師など。

▶お申込はこちらから