子ども記者になってお父さん・お母さんのお仕事について取材しよう!

『将来、どんな風に子どもに働いてほしいと思いますか?』

多くの子どもたちが一番近くで最初に見た「働く大人の姿」は、お父さんやお母さんの姿かと思います。親が仕事の中に見い出す「働く」の価値は、子どもの将来の「働く」にも大きな影響を与えます。

今回、淑徳大学の学生の皆さんの協力のもと、お子さんと保護者の方へ「働く」をテーマに親子が繋がるワークショップを開催することになりました。

子どもたちがお父さんやお母さんのお仕事についてインタビューし、ipad上での構成〜原稿作成〜プレゼンテーションまでを学生さんたちのサポートを借りながら子ども自身が記事の内容を選び、決定する体験をしていきます。

子どもの新たな表現力を身につけるチャンスにもなり、そのままで夏休みの自由課題としても提出できるため、例年、多数のお子さんたちからも好評のワークショップです!

これから数十年でやってくると言われる大きな社会変化の中で、人間の働き方も大きく変化します。
子どもたちがその世界で「働く」を見つけていく時、 このワークショップでお父さんやお母さんにインタビューしたことはきっと大切な財産になるのではないでしょうか?
また、お父さんお母さんにとっても、子どもたちのインタビューを通して新たな気づきが生まれるかと思います。

夏休み、この機会に是非ご一緒に参加してみてください。

イベント概要

<開催日>

・2017年7月30日(日)  ※午前もしくは午後のどちらかを選択してください。
▶午前の部   9:15集合  12:30解散
▶午後の部  13:45集合  17:00解散
<会 場>
・キンダリーインターナショナル 勝どき校舎
・東京都中央区勝どき3丁目3-19 勝どきグリーンランドビル2F
・TEL: 03-5859-5205
・交通 ・都営大江戸線「勝どき駅」から徒歩3分
・都バス「勝どき橋南詰」停留所から徒歩2分
<参加対象> 小学生(1年生~6年生)とその保護者
<参加料>  3,000円(税込) (お子さま1名、保護者さま1人の1組あたり)
※1 キンダリー会員以外のお友達をお誘いの上、参加の場合は1000円割引いたします。
<募集定員> 午前の部、午後の部 各10組
<当日必要な持ち物>
・ご家庭で使用されているiPad *当日使用する「keynote」アプリをダウンロードしておいてください
・飲み物
<主 催>
・一般社団法人 子供教育創造機構
・淑徳大学 人文学部 表現学科 杉原研究室
<補 足>
このワークショップは、一般社団法人 子供教育創造機構 と 淑徳大学 人文学部表現学科 杉原研究室の共同開催で行います。

お申込は▶こちらから