次の世代の子供達が『自分が創り出したい世界』『自然と才能を発揮できる天職』に出合ったとき、「プログラミング的思考」や「プログラミングスキル」は、その世界を実現するための『強力な道具』となるでしょう。

日本の公的教育では『2020年の学習指導要領』の改訂により「プログラミング教育が必修化」されます。『プログラミング教育』とは「プログラミング(コーディング)」のスキルを磨くことではありません。将来様々な職業に就くとしても普遍的にもとめられる『プログラミング的思考』を磨くことです。これは『自分が意図したことを実現するため』に「一連の動きを論理的に考える事」、そして「コンピュータ」に意図通りに処理をさせる能力の基礎となります。

<出所>小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について(議論の取りまとめ)

これまでのプログラミング教育

キンダリーでは2013年の設立よりプログラミングを体験できる機会を継続的に提供しています。
<過去の開催模様>

  1. ロボットプログラミング(センサーの活用)【2016年11月】
  2. 丸の内キッズアカデミー(出張体験)【2016年8月】
  3. ロボットプログラミング(物をつかむ)【2016年8月】
  4. Hour of Code こどもの日 1万人プログラミング(出張体験)【2016年5月】

  5. プログラミング教室【2016年1月

イベント概要

【開催日時】 6月11日(日)10:30−12:00
【参加資格】 プログラミングがはじめての「年長さん」その保護者<キンダリー会員限定>
【参加費】2,000円(税込) *当日払い
【 定 員 】 8家族
【持ち物】当日はWi-Fi接続可能な「PC」または「タブレット端末(iPad)」を持参してください。
【 開 場 】キンダリーインターナショナル 勝どき月島校

〒104-0054 東京都中央区勝どき3丁目3-19 勝どきグリーンランドビル2F
TEL: 03-5859-5205(受付時間 平日 11:30~19:00)
【ご注意事項】会場への食事・おやつの持ち込みはご遠慮ください(飲み物は可)

教材

Hour of Codeを活用します。プログラミングは文字のタイピングする形ではなく「ブロック」を「ドラッグ&ドロップ」する簡単プログラミングです。当日のワークショップでは「アングリーバード」の教材を使用します。

アングリーバード

保護者氏名
【必須】
子ども氏名
【必須】
子ども学年
【必須】
連絡先電話番号
【必須】
メールアドレス
【必須】お申込確認メールをお送りします。
確認用メールアドレス
【必須】
参加希望イベント
【必須】
備考
ご質問などあればご記入ください。