▶ビジョン

私たちの目指す社会

『自信』とは「自分の可能性」を信じて行動できることだと考えます。

自分を信じ、行動する
自分の可能性を信じる

▶自己肯定感、そして自己効力感を育むサイクル

小学生の子ども達は、他者との関わりの基板を確立する時期。

私たちは子ども達の発達段階を踏まえ「心理的な安全性」「存在自体の承認」により、これからの人生の土台となる自己肯定感(自己受容感)を育むことが、何よりも大切と考えます。

マズローの欲求5段階からの考察
Today’s Feeling
(自己理解:Self-awareness)

事実と感情に向き合う
(自己理解:Self-awareness)

そして、「できた!」「やった!」という達成経験を積み重ね、行動に移すための「自己効力感」」を育む場づくりを日々、探究しています。

5泊6日のこころの宝箱 ロングキャンプ

▶子ども達だけでフィリピンへ(Learning Journey in Philippine2019)

カオハガン島での活動(IN フィリピン)
*小学生だけで訪れたのは島で初めて!
カオハガン島での活動(IN フィリピン)
国境を越える(保護者報告会)

▶LEGO世界大会出場への挑戦(2年連続)

作品プレゼンテーション
チームメンバー!
表彰式
2チーム同時AWARD

▶未来を創り出す「グロースマインドセット」

失敗することと、そこから学ぶことは最も大切なスキルである

Laszlo Bock
SVP of People Operations, Google Inc.
未来予測ができないいま、グロースマインドセットが重要である。

認知科学で分かっている事の一つは、テストのために記憶したことは定着しないという事です。人間は90% の暗記した事は、忘れてしまうものなのです。

Linda Darling Hammond スタンフォード大学 教育学部教授

Most Likely to Succeed 〜時代が求めた学び場

未来予測が困難な時代を生きる子どもたち。いま求められる学びとは?教育の在り方とは?

日本以外に目を向けると、子供達に最適な学びを「情熱」を持って提供する場があります。


>>詳細は保護者説明会で「詳しく」ご説明します。

▶私たちは「学習する組織」です。

社内勉強会
社内勉強会
 内発的動機で生きるために
内発的動機を育むための仕組みを思考する(システム図)

全職員で、俯瞰的に社会システムを理解する

▶キンダリーには「2つのコース」があります。