ドローンに興味をもつ子ども達が、舞子リゾートに結集!

【大会の意図】

ドローンで感じる「イノベーション」。社会問題を解決する起点となる。

舞子リゾート・ドローンフィールドで実際のドローンを体験。SDGs(持続可能な開発目標)を通して、自分の生きる社会に「どんな問題」があるのかを知る。そして、「自分なりの問題解決」をドローンやプログラミングを活用しながら考える機会を提供します。

子ども達の世代は「SDGs(持続可能な開発目標)」についても扱っていく必要があります。しかし、その浸透度と理解度はまだまだ高いとは言い切れません。

・ドローンは農業、インフラ点検・整備、測量、物流、防災、警備・防犯監視など、様々な分野での活用が検討され、次の産業を担うプロダクトであり、プログラミングに留まらない技術を学べる要素がある。

ドローン

この大会に参加する3つのメリット

(1)【ワクワクする】実際にドローンの技術に触れる、考える

(2)【技術を知る】ドローンを制御するプログラミングを知る

(3)【挑戦する】社会の問題を知る。問題解決に挑戦する

【Demo】プレゼンテーションで自己表現

【開催日】

8/31(土)〜9/1(日)<一泊二日>

※大会の開催日は9/1(日) 13:00ごろからとなります

【学びのポイント】

【日程(スケジュール)】

1Day
9:00〜越後湯沢駅集合 → シャトルバスにて舞子リゾートへ
10:00〜開会式後ドローン操作を覚える
12:00〜昼食
13:00〜SDGsという世界の問題を学びドローンでの解決策を考える
(ファシリテータ〜がつきますのでご安心ください)
※学年別
18:00〜夕食
21:00〜本日の振り返りなどを済まして就寝
2 Day
9:00〜前日の内容を深める
12:00〜昼食
13:00〜大会※保護者観覧可能
17:00〜閉会式

【費用】

【早期割】7月中にご予約いただくとなんと!!! 5,000円引き!!

【通常】ドローン大会現地集合プラン(1泊)¥29,800

【通常】ドローン大会東京駅集合解散プラン(電車賃こみ)¥39,800

※大会参加費、宿泊費、ドローン貸し出し保証代を含みます。(交通費は別)
越後湯沢駅からはシャトルバスのご用意がございます。

※宿泊費には、1泊4食付きのお値段となります。
お子様だけの参加の場合は、大部屋1室での宿泊です。
保護者の皆さまご引率も可能です。
ご引率の場合、費用にプラス10000円/1名分(1泊4食付き)でご利用が可能です。※お部屋は、お子さんと1室でのご利用となります。
イベント開催時は、お預け頂いてもご見学頂いでも大丈夫です。

【参加条件】 

ドローンに興味のある小学生〜高校生まで!!

もちろん初めてドローンに触る子でも参加ができます!

必要なのは、今後の社会に必要な新しい好奇心と創造性です。


【ファシリテーター】

黒羽根友

黒羽根友

一般社団法人子供教育創造機構千葉生まれ、千葉育ち。
日本大学卒業し、キッザニアスーパーバイザーを経験したあと、キンダリーに出会い、子供教育創造機構に入職。STEM領域のイベントを中心に企画中 

GEMSリーダー、Viscuitファシリテーターの資格

船津 宏樹

船津 宏樹

2009年 株式会社ブイキューブに新卒入社し、営業として新規開拓営業を担当後、大手クライアント向け営業チームでのチームリーダー、関西地区の営業責任者・大阪営業所長を経て、ブイキューブロボティクス・ジャパンの設立に携わり、2016年10月にブイキューブロボティクス・ジャパン(現:センシンロボティクス)に転籍。
現在、『ドローン前提社会』を実現する為、ビジネス企画を担当し産業用ドローンのコンサルティングから運用サポートを対応中。個人ブログDroneLifeを通して子供達にもドローン活用のワーキング等を開催中。

森博樹

森博樹

一般社団法人子供教育創造機構 代表理事 / 01Booster 教育推進リーダー

大学卒業後、日本電信電話(株)入社。NTTグループにて研究開発やオペレーション開発を担当。キャリアグレードのシステム構築から、海外企業との新規事業開発など、10年の経験を有す。現在「ラーニングコミュニティの経営管理」を行いながら「大手企業向けの社内事業創造支援」「独立起業育成」「アントレプレナーシップ教育」を実践し「Ikigaiに出会い、自分らしく生きて働くこと」の社会実装を推進しています。


【開催場所】

〒949-6423  新潟県南魚沼市舞子2056-108

舞子スノーリゾート

【参加申込み】

【問い合わせ】