■マルチプルインテリジェンスにおける刺激する知性:対人、言語

今日のMiEPはディベートです。早くも、第八弾となりました。
ディベートは、自らの主張の根拠を述べる『立論』と、相手の立論に対する『反論』から成り立っているのですが、今回は『反論』を中心としたディベートを行いました!時間の関係上、いつも立論に偏ってしまいがちで反論を苦手とする子が多いように感じたので、苦手克服のためのディベートです。

まずは、アイスブレイクとして、「いいとこみっつゲーム」をみんなで行いました!これは根拠をすばやく思いつくためのトレーニングゲームです。理由を3つも考え出すことは難しいことですが、みんな楽しみながらすばやく思いついている様子でした。大体40秒ほどで3つ考えついていました。みんな立派だなあと感心。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここからは、いつものディベートの形に戻ります。くじ引きで「猫チーム」「犬チーム」に分かれてもらい、「猫と犬、どっちがいいか」について今度はチームで10分以内に3つ理由を考えてもらい、発表してもらいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、ここからが本番。『反論』の開始です。まずは各自ワークシートに相手の反論を書き出してもらいます。そして最後にはチームで3つの反論を発表してもらいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本人たちは悩んだ様子を見せながらもさらっとディベートをこなしているようですが、キンダーたちはみんなの成長ぶりと無限大の可能性に驚いてばかりでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

みんながしっかりと『反論』してくれている姿を見れて、嬉しかったですね!