■マルチプルインテリジェンスにおける刺激する知性:言語、対人、論理

MiEPはディベートのテーマは「<どこでもドア>と<タイムマシーン>どちらがみんなの役にたつか!?」

いつも通り、くじで4つのチームに分かれてもらいます。特別仲がいい友達がいるのも良い事ですが、色々な人と関わる楽しさを感じてもらう事を意図しています。今回も、チームで立論となる理由を3つ考えてもらいます。

DSCN6457 DSCN6465
DSCN6454

いつものテーマよりも、みんなの好きなドラえもんを題材としたテーマだったので、考えやすかったようです。

1人で5つも理由を考えてくれている子もいました!

DSCN6462 DSCN6473
DSCN6475 DSCN6476
DSCN6479

立論を考えるのにかかる時間も少しずつ短くなってきましたね!

DSCN6478 DSCN6480

立論の発表の後は反論です。

DSCN6481 DSCN6482

「相手チームはりつろんで〜と言っていましたが、〜なのでそれは違うと思います。」というしっかりとした言葉で発表してくれた子もいて嬉しかったです。

前までは反論で「けんか」が始まりそうな雰囲気になったこともあるのですが、さすがはディベートを何度も何度も経験してきたキンダリーのみんな。

もうそういう雰囲気になることもなく、冷静に反論→それへのさらなる反論という流れになっていて、立派だなあと感じました!