瞑想の「科学的裏づけ」が進んでいます(*1)

現代はマルチタスクの時代であり、日常生活の中で人間の脳は疲労する環境にあります。

たった今に集中し、自己の認知力を高めるためにも「瞑想」という技術は科学的にも着目をされております。この「瞑想のこつ」を体験的に知っていることは、脳の休息など「休息の質」にも影響します。

今回は講師としてダソさんにお越し頂き、職員向けに二日間で「瞑想を深める」について講座を実施して頂きました。

人間が意識的に「思考を止める」ことは難しいと言われますが、脳を疲労させる「思考のおしゃべり」は押さえることができます。その技術として「瞑想」という取り組みがいま、注目を集めています。

*1 出所:世界のエリートがやっている「最高の休息法」