中央エフエム様より「キンダリーインターナショナル」について取材を受けました。FM1

キンダリーが大切にしている「正解を探すこと」ではなく「自分の意志で自分の人生を切り開くこと」など代表理事の森をお話をさせて頂いております。

 

「8つの知性を刺激するMiEP(ミープ)」を通して「子ども達がいま夢中になれること」を発見してもらうことや、

MiEPディベート01季節を感じたり、世界と日本の違いを知ったり、そしてディベートなどの活動を通じて21世紀を生きていくための基礎力を育む事についてもお話をさせて頂きました。

▶「お友達と意見が違っても良い、違うことに価値があること」

▶「なぜ違いが出てくるかを考え伝えること」

▶「意見が違うことと嫌いは別であること」

多様な人材があつまる環境の中で協働しながら新しい価値を生みだしていく時に重要となる考え方になります。